このセミナーは終了しました。 ありがとうございました。

地方議員の政策を考える会11月勉強会

新しい住民参加のまちづくりと、いま問われる議員の役割

講師:市ノ澤 充 氏
株式会社パイプドビッツ 政治山カンパニー シニアマネジャー

市ノ澤 充 株式会社パイプドビッツ 政治山カンパニー シニアマネジャー
市ノ澤 充 氏
株式会社パイプドビッツ
政治山カンパニーシニアマネジャー

政治山
http://seijiyama.jp/

プロフィール

  • 政策シンクタンク、議員秘書、選挙コンサルを経て、2011年株式会社パイプドビッツ入社。
  • 政治と選挙のプラットフォーム「政治山」の運営に携わるとともに、ネット選挙やネット投票の研究を行う。
  • 政治と有権者の距離を縮め、新しいコミュニケーションのあり方を提案するため、政党や議員、その他の政治団体や関連事業者向けの講演活動も実施している。

日時:平成281111日(金)

第一講
1030分~1200
18歳選挙権の導入とICTの利活用

  • 2013年のネット選挙解禁から3年、振り返りと今後の展望
  • 2016年参院選、18歳選挙権はどのように受け止められたのか
  • 主権者教育と政治的中立、メディアの果たすべき役割とは
  • 改正公選法で定められた「共通投票所」の意味するもの

第二講
1400分~1530
頻発する住民投票と民主主義のコスト

  • 庁舎建設や大阪都構想からエアコン設置まで、身近になった住民投票
  • ネット投票は20か国以上で実現、国内では党の代表選などで検討
  • 政府が目指す「2020年在外投票をネット投票で」は実現可能か
  • 住民参加のツールとしてのインターネット、議員の果たすべき役割とは

※詳細については下記のPDFをダウンロードしてご覧下さい。

お問合せ : 地方議員の政策を考える会・事務局
local@nippon-saisei.jp

マップ

場所:東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル3階 DAYS赤坂見附



Page Top